アスタキサンチンの効果

MENU

アスタキサンチン

アスタキサンチンとは・・・

 

アスタキサンチンとは、
赤や橙色をした天然色素成分でカロテノイドの一種です。

 

アスタキサンチンは、
鮭【さけ】 や いくら、海老【えび】、蟹【かに】 などの
魚介類などに多くまれています。

 

 

アスタキサンチンの健康食品やサプリメントなどの原料には、
『 ヘマトコッカス藻 』 という、藻の一種から抽出されたものが多く使用されています。

 

アスタキサンチンの効果について

 

アスタキサンチンは、
カロテノイドの中でも、特に強い抗酸化力があります。

 

 

アスタキサンチンの抗酸化力は、

 

  • β-カロテンの約100倍
  • コエンザイムQ10の約150倍
  • ビタミンEの約1,000倍

 

 

もあるといわれています。

 

アスタキサンチンは、強力な抗酸化力によって、
悪玉コレステロールが血管に こびりつくのを防いだり、
すでに こびりついたものを除去する効果があるといわれています。

 

そして、アスタキサンチンは
血液と脳との間にある、『 血液脳関門 』、『 血液網膜関門 』
というところを通過できる数少ない成分で、
目や脳でも高い抗酸化力が発揮できるといわれています。

 

そのため、アスタキサンチンには、
加齢による目や脳の老化防止の効果が期待されています。

 

また、アスタキサンチンは、
肌の老化の大きな原因といわれる紫外線が作り出す
悪玉活性酸素である 『 一重項酸素 』 を除去する効果が優れていますので、
シミや しわ、肌荒れの予防などの美白や美肌の効能にも期待されています。

 

アスタキサンチンの期待される効能

 

  • 活性酸素の除去によるアンチエイジングの効果
  • シミや しわの予防などの美肌・美白効果
  • 動脈硬化や心筋梗塞や脳硬塞の予防の効果
  • 眼精疲労の改善や白内障の予防などの効果

 

アスタキサンチンの副作用は・・・

 

アスタキサンチンは、
サケやイクラ、カニ、エビなどの食品に含まれているため、
特に問題となるような副作用などは報告されていないようです。

 

アスタキサンチンの1日の摂取量の目安は
特に決められていないようですが、
1日あたり、6mgの摂取量で効果が期待できるといわれています。

 

アスタキサンチンが、美容や健康に効果的だといえ、
健康食品やサプリメント、化粧品などで摂取する場合は、
アスタキサンチンの製品のラベルや表示をよく確認し、
過剰摂取にならないようにしたほうがよろしいでしょう。

アスタキサンチンの関連検索ワード