エキナセアの効果について

エキナセアとは・・・

エキナセアとは、北アメリカを原産とする天然のハーブの一種です。


エキナセアは、北アメリカに自生するキク科の多年草で、紫色の花をつけます。 別名 『 エキナケア 』、『 エキナシア 』 とも呼ばれ、 日本では、「 ムラサキバレンギク 」 と呼ばれています。



エキナセアの歴史は古く、アメリカ先住民の間では、民間療法の薬草として使用されてきました。


その後、エキナセアは 19世紀末に ヨーロッパにも持ち込まれ栽培されるようになりました。

エキナセアの効果について

エキナセアは、アメリカ先住民の間では、歯の痛み や 頭痛、のどの痛み、 風邪やインフルエンザなどの感染病 や 伝染病の治療に利用されていました。


そのため、現代のアメリカでは、メディカル・ハーブとしての人気が高いです。


また、エキナセアはヨーロッパでは風邪の症状の緩和に効果があるため 医薬品として認可されています。


エキナセアには、アルキルアミド、フコガラクトキシロ グルカン や アラビノガラウト グルカンなどの多糖類、 糖タンパク類、フラボノイドなどの免疫力を高める効果がある成分が多く含まれています。


そのため、エキナセアには、抗菌作用や抗ウィルス作用などが確認されています。
しかし、エキナセアの有効成分や効果は、いまだ完全には解明されていないようです。

エキナセアの期待される効能

  • 風邪やインフルエンザなどの予防の効果
  • 発熱、咳やのどの痛みなどの気管支炎、鼻炎などの症状の緩和
  • 免疫力を高める効果
エキナセアの気になる副作用は・・・

エキナセアの歴史は長く、 安全性が高いハーブとして知られていますが、 キク科の植物にアレルギーのある方は要注意です。


また、結核や白血病、HIV感染などの自己免疫疾患がある方は、 免疫不全をまねく可能性が高いため、 エキナセアの摂取は避けた方がよいとされています。


その他、妊娠中、授乳中の方も、エキナセアを摂取する場合は 医師と相談したほうがよいでしょう。

エキナセアの効果的な摂取方法は?

エキナセアは、およそ 1〜2週間ぐらい連続して摂取する方が より効果的だといわれています。


しかし、コミッションE 【ドイツ連邦保険省の薬用植物に関する専門委員会】 によると、 8週間以上、連続して エキナセアを摂取しないように警告しています。


また、エキナセアの1日の摂取量の目安は特に決められていないようですが、 健康食品やサプリメントとして摂取する場合は、エキナセアの製品のラベルや表示を よく確認し、 過剰摂取にならないように注意したほうがよろしいでしょう。

エキナセアの関連情報のまとめ