ギャバの効能について

MENU

ギャバとは・・・

 

ギャバとは、
アミノ酸の一種で、正式名称は、
『 γ-アミノ酪酸 』 【 Gamma-Amino Butyric Acid 】 といい、
一般的には頭文字をとって、GABA【ギャバ】と呼ばれています。

 

ギャバは、動植物などの自然界に広く存在しています。
人間をはじめ、哺乳類の脳や脊髄などの中枢神経系に多く存在しています。

 

 

ギャバは、植物では、
特に 「 発芽玄米 」 に多く含有されています。
発芽玄米には、100g あたり、約 10mg のギャバが含まれています。

 

バナー原稿imp

 

ギャバの効果について

 

ギャバは体内では、
主に脳や脊髄などの中枢神経系にもともと多く存在し、
抑制系の神経伝達物質の1つとして機能します。

 

そのため、ギャバは、
脳の神経が高ぶった時に興奮を鎮めたり、
ストレスによるイライラ感を緩和するなど、
リラックス効果があるといわれています。

 

その他に、ギャバは、
腎臓の機能を活性化させ、血液中から老廃物をろ過し、
利尿作用を促進し、血圧を低下させる効果があります。

 

このギャバの効能は、トクホ【特定保健用食品】として、承認されています。

 

ギャバの期待される効能

 

  • ストレスの緩和やリラックス効果
  • 血圧を低下させる効果
  • 血中コレステロールを低下させる効果
  • 肝臓や腎臓の機能の活性効果
  • 肥満や糖尿病の予防や改善効果

 

ギャバの気になる副作用は・・・

 

ギャバは、白米や野菜、醤油、味噌、チョコレートなど
普段よく食べる食品に含まれています。

 

そのため、ギャバには、
特に問題となるような副作用などは報告されていないようです。

 

ギャバの1日の摂取量の目安は、10mg 〜 20mg ぐらいといわれています。

 

例えば、
発芽玄米には、100g あたり、約 10mg のギャバが含まれています。
その他にも、
最近は、トクホ【特定保健用食品】などの健康食品やサプリメント、
ギャバ醤油 や ギャバのチョコレート などの製品が数多く
開発や販売されていますので、効率よくギャバを摂取できるでしょう。

ギャバの関連検索ワード

 

バナー原稿imp