ヒアルロン酸の効果や効能のまとめ

MENU

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸を多く含む鶏のとさかや軟骨

ヒアルロン酸とは身体のすべての結合組織に存在し、 その中でも、皮膚や関節などに、とくに多く含まれているゼリー状の構成成分で、ムコ多糖類の一種です。


ヒアルロン酸はお肌のハリやうるおい などを保つはたらきや各関節でのクッション的な役割があり、 ヒザやヒジなどの各関節を円滑に可動させるはたらきもあります。


また、ヒアルロン酸を多く含む食品としては、にわとりの軟骨や手羽・とさか、豚足、フカヒレやウナギなどヌメヌメしたものに多く含有されています!

ヒアルロン酸の効果について

ヒアルロン酸は保水力がとても高く、ヒアルロン酸 1グラムで 6リットルもの水分を保持することができるといわれています。 


そのため、ヒアルロン酸が細胞と細胞の間のスキマを埋めて、 お肌のハリやうるおいを保つ効果や、関節のクッションとしての働きがあります。


ヒアルロン酸は、加齢により、だんだんと減少し、 成人を境に幼児期のの4分の1にまで減ってしまいます。


そのため、ヒアルロン酸は積極的に摂取しなければなりません。


また、ヒアルロン酸は、細胞を活性化し各栄養成分を運ぶ働きもあります。 ヒアルロン酸はビタミン・ミネラル類・アミノ酸を運ぶので、身体をさびつかせる原因といわれる活性酸素の除去効果や、細胞の老化の防止にも効果がある といわれています。

ヒアルロン酸の期待される効能

  • 皮膚の保湿や弾力性の維持効果
  • お肌のシワやたるみの予防や改善効果
  • 関節の機能向上や維持効果
  • 各種アンチエイジング効果

ヒアルロン酸の気になる副作用は?

ヒアルロン酸はもともと、体内に存在する栄養成分なので、 とくに問題となる副作用などは報告されていないようです。

ヒアルロン酸の1日の摂取量や効果的な飲み方とは?

ヒアルロン酸の1日の摂取目安量は、およそ200mg といわれています。 健康食品やサプリメントで摂取する場合は、製品の表示をよく確認し過剰摂取にならないように気をつけたほうがよろしいでしょう。


ヒアルロン酸を多く含む食品は、鶏のとさか や フカヒレなど普段から食べにくい食品や高価な食べ物に多く含まれています。


そのため、ヒアルロン酸を効果的に摂取しようとした場合、健康食品やサプリメントを上手に利用することが必要になってきます。


※膝などの関節の事が気になる方はこちらのページも参考になります!

>>グルコサミンの効果や効能について

お肌に、おすすめのヒアルロン酸!

ヒアルロン美潤★★★★★
吸収されやすい低分子ヒアルロン酸を使用!
さらにお肌に良い、コラーゲンやセラミドも配合!
通常価格3300円が今なら500円!

WEB限定の先着100名様、500円のお試しモニターの詳細はこちらをクリック!【送料無料】