大豆イソフラボンの効能

イソフラボンとは?

カニ

このイソフラボンのページは40代〜の女性の方によく読まれています

イソフラボンとは、大豆の芽である胚軸に特に多く含まれている 植物性のポリフェノールの一種です。


イソフラボンは、体内で、女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをするため、 『 フィトエストロゲン 』 (植物性エストロゲン)とも呼ばれています。



イソフラボンの効果について

女性ホルモン(エストロゲン)は、コレステロールの調整や骨の代謝に関係し、
不足するとコレステロール値が上がったり、骨からカルシウムが排出されてしまいます。


そこで、イソフラボンは、女性ホルモンと同じように働いて、コレステロール値の上昇を抑えたり、 骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、動脈硬化や骨粗鬆症の予防や改善などに効果があるといわれています。


女性ホルモン(エストロゲン)は、更年期障害にも深く関わっていて、 女性ホルモンが減少する更年期には、イソフラボンを摂取することで、 更年期特有の症状である、イライラや頭痛などの不快感を緩和するといわれています。


また、イソフラボンには、抗酸化作用により、活性酸素を除去する効果もあるといわれ、 美容やアンチエイジング、生活習慣病の予防などの効能も期待されています。

イソフラボンの期待される効能

  • コレステロール値の上昇を抑制する効果
  • 骨粗鬆症の予防や改善の効果
  • 更年期障害による症状の緩和や改善の効果
  • 抗酸化作用による美容やアンチエイジングの効果

大豆イソフラボンの過剰摂取などの副作用は・・・

イソフラボンは、豆腐や豆乳、納豆などの よく食べる食品にも含まれているため、 特に問題となるような副作用などは報告されていないようです。


しかし、大豆アレルギーのある方は、特定保険用食品やサプリメントなどにも アレルギーの可能性があるようなので注意が必要です!


また、15歳未満の方や 妊娠中・授乳中の方は、イソフラボンを普段の食事に上乗せして、 特定保険用食品やサプリメントなどで取り過ぎることは推奨できないといわれています。

イソフラボンの1日の摂取量の目安や効果的な飲み方は?

2006年の5月に、食品安全委員会によって、イソフラボンの摂取量の上限についての評価案が出されました。


イソフラボンの1日の摂取量の目安の上限は、70mg 〜 75mg になります。


そのうち、イソフラボンを特定保険用食品やサプリメントなどで摂取する場合は、 1日あたり 30mg までが良いといわれています。

しかし、お豆腐や納豆などの大豆食品に含まれるイソフラボンは、ほとんどが吸収されにくい【 グリコシド型 】というものです。


そのため、イソフラボンを効果的に摂取するには、健康食品やサプリメントを上手に利用することが重要です


大豆イソフラボンの健康食品やサプリメントを選ぶポイントとしては、吸収されやすい【 アグリコン型 】のイソフラボンを選ぶようにしましょう!

吸収率が良いアグリコン型のイソフラボンだけを集めました!


おすすめ度 イソフラボン量 その他の成分

★★★★★

25mg

ぶどう種子ポリフェノール
葉酸など

初回価格 1日あたり 送料

2730円

91円

無料

2回目〜 1日あたり 送料

4914円

約163円

無料

おすすめ度 イソフラボン量 その他の成分

★★★☆

10mg

ビタミンC
ビタミンE

初回価格 1日あたり 送料

3650円

121円

無料

2回目〜 1日あたり 送料

5130円

171円

無料

おすすめ度 イソフラボン量 その他の成分

★★☆

10mg

ヒアルロン酸
プラセンタなど

初回価格 1日あたり 送料

3672円

約122円

無料

2回目〜 1日あたり 送料

6426円

約215円

無料

 
キッコーマン、からだ想い・・・★★★★★
イソフラボンはもちろん吸収しやすいアグリコン型でダントツの25mgも配合!
さらに女性にうれしい、ぶどう種子ポリフェノールや葉酸なども配合
今なら初回半額の特別価格の2730円!【送料無料】

大豆のプロのキッコーマン、基本のサプリの公式サイトはこちらをタップ