L-カルニチン

MENU

L-カルニチン

L-カルニチンとは・・・

 

L-カルニチンとは、
肝臓内で 必須アミノ酸の 「 リジン 」 と 「 メチオニン 」 から合成される アミノ酸の一種で、
体内では、主に骨格筋や心筋などの細胞内に存在している成分になります。

 

 

L-カルニチンは、体内の脂肪燃焼や脂質代謝における
エネルギーの産生に必要不可欠な成分になります。

 

しかし、20歳ぐらいをピークに、肝臓内でのL-カルニチンの合成能力は低下し、
体内のL-カルニチンは、加齢とともに減少していきます。

 

 

また、L-カルニチンは、
主に、子羊の肉(ラム肉)や鹿肉、牛肉などの赤身に多く含まれています。

 

L-カルニチンの効果について

 

L-カルニチンは、
褐色脂肪細胞を活性化させ、リパーゼという脂肪分解酵素の
分泌を促進し、脂肪燃焼効果を発揮します。

 

リパーゼは脂肪を分解し、
エネルギーに変換されやすい遊離脂肪酸を作り出します。
そして、遊離脂肪酸は細胞内のミトコンドリアで代謝されることによりエネルギーを産生していきます。

 

ここで L-カルニチンは遊離脂肪酸を細胞内のミトコンドリアに
効率よく運搬するために必要不可欠な成分にもなります。

 

 

また、L-カルニチンは、抗酸化作用や脂質の代謝を促進し、
脂肪を効率的に燃焼させることで、悪玉コレステロールの抑制の効果があるといわれています。

 

L-カルニチンの期待される効能

 

  • 脂肪燃焼によるダイエット効果
  • 悪玉コレステロールの低下や増加の抑制効果
  • 狭心症や心不全の予防や改善効果

 

L-カルニチンの気になる副作用や摂取量は・・・

 

L-カルニチンは、体内で合成される成分であり、
羊肉や鹿肉、牛肉、豚肉、鶏肉などの赤身に多く含まれている成分なので、
特に問題となるような副作用は報告はされていないようです。

 

 

L-カルニチンの1日の摂取量の目安は、
特に決められていないようですが、厚生労働省によると、
1日当たりの摂取量の上限は1000mg以内と指導されているようです。

 

 

そのため、L-カルニチンを健康食品やサプリメントで摂取する場合は、
製品のラベルや表示をよく確認し、過剰摂取にならないようにしたほうがよろしいでしょう。

 

 

L-カルニチンの飲み方やタイミングとしては、
エネルギーを特に必要としない夕方や夜よりも朝に飲むほうがよいといわれています。

 

また、体内へのL-カルニチンの吸収率をよくするためには、
食後に飲んだほうが効果的だといわれています。

 

 

つまり、L-カルニチンは朝食後に摂取する方がよろしいでしょう。

L-カルニチンの関連検索ワード