ケール

ケールとは・・・

 

ケールとは、
アブラナ科の野菜で、地中海沿岸が原産といわれています。

 

また、ケールは,
キャベツやブロッコリーなどの野菜の原種で野生種に近いため、
生命力が強く、野菜の中でも特に栄養価が高いです。

 

 

日本では 主に青汁用に栽培されていることが多いですが、
実際のところ、ケールの育て方は簡単で、
ヨーロッパでは家庭菜園などで栽培され、サラダなどの料理に使われています。

 

 

ケールの主な種類には、

 

  • キッチンケール
  • マローケール
  • ブッシュケール
  • ツリーケール
  • ポルトガルケール

 

 

などがあります。

 

ケールの成分と効果について

 

ケールは、
緑黄色野菜の王様といわれるように、
各種ビタミン、ミネラル類が とても豊富で、
さらにバランス良く含まれています。

 

ケール・・・100g 中の主な成分は、

 

  • タンパク質・・・ 3.9 g
  • 脂質・・・ 0.6 g
  • 糖質・・・ 7.2 g
  • リン・・・ 67 mg
  • カルシウム・・・ 225 mg
  • ビタミンA・・・ 3300 IU
  • ビタミンB1・・・ 0.15 mg
  • ビタミンB2・・・ 0.325 mg
  • ビタミンC・・・ 125.5 mg

 

 

などが含まれています。

 

 

ケールには、
食物繊維や葉緑素がとても多く含まれています。

 

ケールの食物繊維は腸内の有害物質の排泄を促進し、
整腸作用や便秘解消などの効果があります。

 

そして、ケールの葉緑素には、
造血作用や血管内にできる血栓の予防効果があるため、
高血圧の予防や改善や血糖値上昇の抑制の効果、
コレステロール値の改善などにも効果があるといわれています。

 

また、ケールには、
生活習慣病の原因の一つといわれる活性酸素を除去する効果もあり、
いろいろな生活習慣病の予防や改善などの効能も期待されています。

 

ケールの期待される効能

 

  • 整腸作用や便秘の予防・解消の効果
  • 高血圧の予防や改善
  • 血糖値上昇の抑制や正常に戻す効果
  • 血中コレステロール値の改善の効果
  • 生活習慣病の予防や改善の効果

 

ケールの気になる副作用は・・・

 

ケールは、
キャベツやブロッコリーなどの野菜の原種であり、
特に問題となるような副作用などは報告されていないようです。

 

しかし、ビタミンKが多く含まれているケールには、
抗凝固薬のワーファリンの効果を減らすといわれていますので、
ワルファリンを服用中の方などは
医師に相談のうえ、的確な指示を受けたほうがよろしいでしょう。

ケールの関連検索ワード

 

☆ ファンケル 青汁・・・★★★★★
◆ファンケルの青汁は、すごい!◆野菜不足の方は今すぐチェック◆