コンドロイチン

MENU

コンドロイチン

コンドロイチンとは・・・

 

コンドロイチンとは、
『 ムコ多糖類 』 の一種になります。

 

コンドロイチンを含む食品としては、
動物性のもので、フカヒレ や スッポン、すじ肉 など、
植物性のものでは、ヤマイモ や オクラ、なめこ などの
ネバネバしている食品に多く含まれています。

 

 

コンドロイチンの語源はギリシャ語で 『 軟骨 』 という意味があり、
関節の軟骨の構成成分は、約 27 〜 43%がコンドロイチンといわれています。

 

 

 

コンドロイチンのみでは、
非常に不安定で変化しやすい成分といわれていますが、
硫酸と結合することによって、安定化し、コンドロイチン硫酸として、自然界に存在しています。

 

また、コンドロイチン硫酸は 軟骨の他にも、靭帯 や 角膜などの
結合組織を構成する成分としても体内に存在しています。

 

コンドロイチンの効果とは・・・

 

コンドロイチンは、
細胞どうしを結び付ける結合組織としての構成成分としての役割とともに、
水分を保持する働きや弾力性を維持する働きがります。

 

しかし、加齢とともに体内のコンドロイチンは だんだんと減少し、
成長期を過ぎるとコンドロイチンの合成は分解に追いつかなくなるといわれています。

 

そこで、コンドロイチンを摂取すると、関節を柔軟にし、円滑に可動させたり、
皮膚のうるおいを保ち、お肌にハリを与えたりするので、肌荒れなどの
予防や改善に効果があるといわれています。

 

さらに、コンドロイチンには、細胞の新陳代謝を活性化し、
老廃物の排泄などを促進する効果もあるといわれています。

 

 

コンドロイチンは、
医薬品としても使用されており、抗炎症作用による
変形性関節症や関節炎における痛みの緩和の効果や
症状そのものの予防や改善などの効能があるといわれています。

 

また、コンドロイチンは、
同じく、軟骨を構成する成分であるグルコサミンと併用することで、より良い効能が期待されています。

 

コンドロイチンの期待される効能

 

  • 抗炎症作用による変形性関節症や関節炎の予防や改善の効果
  • お肌のうるおい保持や保湿の効果
  • 肌荒れや皮膚炎などの予防や改善の効果

 

コンドロイチンの気になる副作用は・・・

 

コンドロイチンは、
動物性の食品で、フカヒレ や スッポン、すじ肉、
植物性の食品では、ヤマイモ や オクラ、なめこ などにも
含まれていて、体内でも合成される成分であることから、
特に問題となるような副作用などは報告されてはいないようです。

 

 

また、コンドロイチンの1日の摂取量の目安は、特に決められてはいないようです。

 

しかし、コンドロイチンを摂取する場合は、過剰摂取にならないように
医薬品や健康食品、サプリメントなどの製品のラベルや表示、
ホームページなどをよく確認した方がよろしいでしょう。

コンドロイチンの関連検索ワード

 

 

☆ イカのコンドロイチン・・・★★★★★
イカのコンドロイチン