クロレラ

クロレラとは・・・

 

クロレラとは、
淡水に自生する緑藻の一種です。

 

また、クロレラは、植物性の水性プランクトンでもあり、
およそ20億年以上も前の地球の誕生時から存在したといわれています。

 

 

 

現在は、食用クロレラとして、特定の種類が培養されています。

 

クロレラの成分や効果とは・・・

 

クロレラの主な成分の内訳としては、
タンパク質が 50%、炭水化物が 20%、葉緑素(クロロフィル)が 5% といわれ、
その他には、ビタミンA や ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、
各種ミネラル類、パントテン酸、葉酸、核酸、食物繊維なども豊富に含まれています。

 

 

このような多様な成分を含むクロレラは、栄養成分的にとても優れた食品になります。

 

 

そのため、クロレラには、内臓の働きを高めたり、造血作用や、タンパク質合成の促進による
スタミナ増強、新陳代謝の促進などによる肥満の予防や改善の効果があるといわれています。

 

 

また、クロレラに豊富に含まれる葉緑素(クロロフィル)には、強い抗酸化力があり、
活性酸素を除去し、アンチエイジングや生活習慣病などの予防や改善などの効能が期待されています。

 

クロレラの期待される効能は・・・

 

  • 各種栄養素の補給による疲労回復や滋養強壮の効果
  • 抗酸化作用によるアンチエイジングの効果
  • 糖尿病・高血圧などの生活習慣病の予防や改善の効果

 

クロレラの気になる副作用は・・・

 

クロレラには、
特に問題となる副作用などは報告されていないようですが、
ごくまれにアレルギー症状や過敏症などがあるといわれています。

 

また、嘔吐や下痢などの症状があるようですが、
これらの症状はクロレラそのものの副作用というよりは、
健康食品やサプリメントなどのメーカーの製品に問題があるといわれています。
そのため、信頼ある会社のクロレラを選ぶことが必要になってきます。

 

 

クロレラの1日の摂取量の目安は特に決められていないようです。

 

 

しかし、クロレラには、ビタミンKが豊富に含まれていますので、
抗凝固薬剤のワーファリンの効果を弱くする可能性があるといわれています。

 

そのため、医薬品などを服用中の場合は、
医師に相談の上、的確な指示を受けたほうがよろしいでしょう。

クロレラの関連検索ワード