メシマコブ

メシマコブとは・・・

 

メシマコブとは、
桑の木に自生するコブ状のキノコです。

 

日本では、長崎県の男女群島の
『 女島【メシマ】 』 という島の桑の木に、コブ状に生えていたことから
メシマコブと呼ばれるようになりました。

 

メシマコブの効果について

 

メシマコブには、
各種の多糖類をはじめ、アミノ酸、酵素類などの
有効成分が多く含まれています。

 

の有効成分の中でも、多糖体にタンパク質が結合した
『 ヘテロマンナン・タンパク複合体 』 が、特に免疫力の向上や
抗癌作用があり、ガンの治療に効果的だといわれています。

 

メシマコブを摂取することで、
マクロファージ や NK細胞、T細胞、B細胞などの
免疫細胞が活性化するといわれています。

 

日本では、1968年に国立癌センター研究所の池川哲朗博士などの
研究により、メシマコブは ガンの増殖を抑制するということが報告されました。

 

また、韓国では、メシマコブは医薬品として認可され、
ガン治療の医療現場で使用されているようです。

 

メシマコブの期待される効能

 

  • 抗癌性の免疫増強の効果
  • 抗酸化作用による生活習慣病の予防や改善の効果
  • 血糖値を正常にする効果

 

メシマコブの気になる副作用は・・・

 

メシマコブは、韓国では医薬品として使用されていることから
特に問題となるような副作用などは報告されていないようです。

 

逆に、メシマコブには、
抗癌剤の副作用を軽減する効果があるともいわれています。

 

メシマコブは、韓国では医薬品として使用されていますが、
日本では、健康食品やサプリメントとして扱われています。

 

メシマコブの1日の摂取量の目安は特に決められていないですが、
メシマコブを健康食品やサプリメント摂取する場合は、
製品のラベルや表示をよく確認したほうがよろしいでしょう。

 

また、メシマコブをガンの治療を目的で摂取する場合は
医師に必ず、相談したほうがよろしいでしょう。

メシマコブの関連検索ワード