ローヤルゼリーについて

MENU

ローヤルゼリーとは・・・


ローヤルゼリーとは、働きバチが花の密や花粉などを消化・分解し、 再び体内で合成され、咽頭腺【いんとうせん】から分泌される乳白色のクリーム状の物質です。



そのため、ローヤルゼリーは、ハチミツの成分を抽出したり、濃縮したというものや、 プロポリスとは根本的に違う有効成分になります。



ローヤルゼリーは、女王バチのためだけの特別なエサで、女王バチが働きバチより、 1.5倍以上も大きく育ち、10倍以上も長寿で、毎日2000個近いハチの卵を産むことが出来る
生命力の源はこのローヤルゼリーのおかげだといわれています。



また、ローヤルゼリーは女王バチだけがエサに出来ることから
王乳 』 とも呼ばれることがあります。


ローヤルゼリーの成分と その効果について

ローヤルゼリーは、栄養価の高い食品であり、必須アミノ酸をはじめ、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE などのビタミン類や 銅、リン、亜鉛、鉄分、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどの各種ミネラル類のほか、パントテン酸、ニコチン酸、葉酸など、現在 解明されている成分だけでもおよそ40種類以上もの有効成分が含まれているといわれています。



ローヤルゼリーに豊富に含まれる各種の有効成分が、体内の機能を活性化させ、身体の各機能を調整する間脳に作用し、自律神経のバランスを整えるといわれています。


そのため、ローヤルゼリーには、自律神経の不調からくる体調不良の改善や精神状態の向上、 更年期障害の予防や改善などに効果的だといわれています。



また、ローヤルゼリーには、ローヤルゼリーにのみ含まれるといわれる独自の有効成分があります。


まずは、脂肪酸の一種である 『 デセン酸 』 という成分には、 自律神経失調症や更年期障害の予防や改善に効果があるといわれ、
また、癌【がん】細胞の増殖を抑制する効果もあるといわれています。



次に、『 パロチン 』 という成分には、筋肉や内臓、骨、血管など体内の各機能や組織の老化の予防などの アンチエイジングへの効能が期待されています。



そして、『 R物質 』 と呼ばれる成分は、世界中で研究が進められていますが、まだ解明されておらず、 ローヤルゼリーの頭文字から名付けれた有効成分があります。



ローヤルゼリーの効果は、これらの各種の有効成分が作用しあうことで 身体への効能が得られるといわれています。


ローヤルゼリーの期待される効能


  • 免疫力の向上や滋養強壮の効果
  • 自律神経失調症や更年期障害の予防や改善への効能
  • 癌【がん】細胞の増殖の抑制の効果
  • 身体の老化の予防によるアンチエイジング効果
ローヤルゼリーの気になる副作用は・・・

ローヤルゼリーには、重大な副作用などは報告されていないようですが、 ローヤルゼリーは天然由来の物質であり、いろいろな花粉など、各種多様な成分が含まれているといわれています。


そのため、ローヤルゼリーの摂取によるアレルギー反応には、注意が必要になってきます。


アトピーや喘息、花粉症などのアレルギー疾患がある方は 特に注意が必要で、ローヤルゼリーの摂取は避けた方がよろしいでしょう。

ローヤルゼリーの摂取量の目安や効果的な飲み方は?

ローヤルゼリーの1日の摂取量の目安は、特に決められていないようですが、 健康食品やサプリメントなどで摂取する場合は、ローヤルゼリー製品の表示やラベルをよく確認し、摂取した方がよろしいでしょう。



また、空腹時や胃腸が弱っている時は、ローヤルゼリーの摂取は避けた方がよいといわれています。


そして、生ローヤルゼリーで摂取する場合は、食べにくいですが、ハチミツに溶かしてはいけないようです。
なぜならば、ハチミツの糖分が、体内でビタミンB1を消耗させ、ローヤルゼリーの効果が減少するといわれています。



そのため、ローヤルゼリーを摂取する場合は、生ローヤルゼリー、カプセル、錠剤、ドリンクなど摂取しやすい健康食品やサプリメントを選びましょう!

おすすめのローヤルゼリー


・ローヤルゼリーキング【山田養蜂場】
笑顔でいるために!山田養蜂場のローヤルゼリー