ルテインの効能

MENU

ルテインとは?

マリーゴールド

ルテインとは、緑や黄、橙色などの色素成分であるカロテノイドの一種です。


ルテインを多く含む食品としては、ケール や ホウレン草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜やマリーゴールドなどに多く含まれています。


特に、マリーゴールドの花には、ケール や ホウレン草の 約10倍のルテインが含まれています。


ルテインの効果について

ルテインは、目の網膜や水晶体に存在できる唯一のカロテノイドです。

そのため、ルテインは目のビタミンともいわれています。


ルテインは、目の網膜の中央にある黄斑部に多く存在し、網膜に有害な可視光線を吸収する働きがあり、黄斑部の健康を維持している成分になります。


ルテインは、体内で合成されることはなく、加齢や老化などにより、網膜内のルテインが減少してくると、 抗酸化作用が弱まり、活性酸素が増加し、黄斑部の変性などが起き、視力が衰えてくるといわれています。


そこで、強い抗酸化作用があるルテインを摂取することにより、黄斑変性症や白内障を予防する効果が期待されています。

ルテインの期待される効能

  • 黄斑変性症の予防効果
  • 白内障の予防効果
  • 疲れ目やドライアイなどの予防の効果

ルテインの気になる副作用は・・・

ルテインは、緑黄色野菜などに含まれており、体内では目の網膜にも存在していることから、ルテインには特に問題となるような副作用などは報告されていないようです。

ルテインの1日の摂取量や効果的な飲み方とは?

ルテインの1日の摂取量の目安は、6 〜 20mgぐらいが効果的だといわれています。


ホウレン草100グラムあたり、約10ミリグラムのルテインが含まれています。 1日の摂取量の目安にすると、だいたい、ホウレン草半束分 (60〜80g) ぐらいになります。


また、ルテインは脂溶性成分であり、食事といっしょに摂取する方が吸収率がよくなるといわれています。 そのため、健康食品やサプリメントでルテインを摂取する場合食後に摂取した方がよいでしょう!

ルテインの機能性表示食品まとめ

おすすめ度 ルテイン量 その他の健康成分

★★★★★

20mg

アスタキサンチンなど

通常価格【税込み】 1日あたり 通常購入 送料

1728円

約55円

無料

おすすめ度 ルテイン量 その他の健康成分

★★★★☆

10mg

アスタキサンチンなど

通常価格【税込み】 1日あたり 通常購入 送料

初回のみ1000円

約35円

無料

おすすめ度 ルテイン量 その他の健康成分

★★★☆

10mg

ゼアキサンチンなど

通常価格【税込み】 1日あたり 通常購入 送料

初回864円

約28円

無料

めばえが1位の理由は?

ルテインでは数少ない機能性表示食品
普通のサプリの倍のルテイン20mgを高配合!
全額返金保障付きで安心

船越英一郎さんも愛飲中のルテインめばえの詳細はこちらをクリック