セントジョーンズワート

セントジョーンズワートとは・・・

 

セントジョーンズワートとは、
主に、ヨーロッパから 北アフリカ、アジアにかけて広く分布している
オトギリソウ科の多年草でハーブの一種になります。

 

 

セントジョーンズワートの名は、
キリスト教から由来しています。

 

ヨーロッパで、6月24日にある、
『 聖ヨハネ 【 St. John 】の祭日 』 ぐらいのころに、
黄色い花をつける植物【 Wort 】ということから、
セントジョーンズワート【St. John's Wort 】と
呼ばれるようになりました。

 

また、セントジョーンズワートは、
日本では、西洋オトギリソウとも呼ばれています。

 

セントジョーンズワートの効果について

 

セントジョーンズワートは、
ヨーロッパで、「 悪魔を追い払うハーブ 」 とも呼ばれ、
切り傷や火傷、うつ症状の改善などの民間療法の
治療薬として歴史があり、古くから利用されてきました。

 

セントジョーンズワートには、
神経伝達物質の流れを正常にする効果があるといわれています。
そのため、
軽度のうつ病 や 自律神経失調症、更年期障害などの
症状の改善などに、セントジョーンズワートが利用されています。

 

セントジョーンズワートの期待される効能

 

  • 軽度のうつ症状の改善効果
  • ストレスを緩和する効果
  • 切り傷や火傷の消毒、鎮痛の効果

 

セントジョーンズワートの副作用や相互作用は・・・

 

セントジョーンズワートの副作用はごくまれに、
胃腸の不調 や 日光過敏症などの症状がでるそうですが、
セントジョーンズワートの摂取をやめるとすぐに消えるといわれています。

 

セントジョーンズワートは、
ドイツでは 毎年、医師により
約300万件もの処方箋が発行されているといわれています。
そのため、
セントジョーンズワート単体での摂取に関しては、
比較的、安全だといわれています。

 

しかし、
セントジョーンズワートと医薬品を併用する場合は、
相互作用に注意しなければいけません。

 

2000年の5月10日に、厚生労働省から
『セントジョーンズワート と医薬品の相互作用についての注意喚起』
の通達がありました。

 

・抗HIV薬・・・インジナビル
・強心薬・・・ジゴキシン
・免疫抑制薬・・・シクロスポリン
・気管支拡張薬・・・テオフィリン
・血液凝固防止薬・・・ワルファリン
・経口避妊薬・・・ピル
・抗不整脈薬
・鎮痛薬
・抗うつ薬
・抗てんかん薬

 

これらの医薬品などを摂取している場合、
セントジョーンズワートの摂取によって、
医薬品の効果が減少したり、副作用がでる場合があるとのことで、
事前に 医師に相談の上、よく確認をした方がよろしいでしょう。

セントジョーンズワートの関連検索ワード