L-シトルリンのや効能と効果的な摂取量や飲み方のまとめ

MENU

シトルリンとは・・・

スイカの写真

このシトルリンのページは男性の方に多く読まれています

シトルリンとは、1930年に、日本の研究者がスイカの果汁から発見したアミノ酸になります。


スイカの学名である、Citrullus vulgaris 【シトルラス ブルガリス】から シトルリン という名前が付けられました。


シトルリンは、スイカ や キュウリ などの ウリ科の野菜に多く含まれています。


また、シトルリンは、たんぱく質を構成しない 『 遊離アミノ酸 』 の一種で、 血液や尿、細胞中などの全身にくまなく存在しています。

※(たんぱく質を構成するアミノ酸・・・『結合アミノ酸』
※たんぱく質を構成しないアミノ酸・・・『遊離アミノ酸』)


L-シトルリンの効果について

L-シトルリンには、NO【一酸化窒素】を作り出したり、増やす働きがあります。 そして、NO【一酸化窒素】には、血管を広げ、血流量を増やす働きがあります。 これらのことから、シトルリンを摂取すると全身の血流がよくなるといわれています。


血流がよくなることで女性には、冷え性の予防や改善 や むくみの防止やダイエットなどの効果が期待できます。


また、男性には精力増強や増大の効果などが期待されています。
なぜならば、シトルリンの効果により、血管が広がり、血流量が増え、 結果的に海綿体が充血しやすくなり、増大するといわれています。

L-シトルリンの期待される効能

  • 血流改善による冷え性の予防、むくみや肩こりの改善効果など
  • 血流増加における、精力増強の効果
  • 成長ホルモンの分泌促進による、筋肉増強や増大効果

L-シトルリンの気になる副作用は・・・

シトルリンは、スイカ や キュウリ などのウリ科の食べ物に含まれている成分であり、 特に問題となる副作用などについては報告されてはいません。


しかし、シトルリンの医薬品との併用については明らかではありませんので、 お薬を飲んで入られる方は、医師に相談の上、摂取するほうがよろしいでしょう。

シトルリンの効果的な飲み方1日の摂取量の目安は?

シトルリンは、2007年に食品への使用が認可されました。


そのためシトルリンは現在は食品扱いということになりますので、決まった時間に飲むというものではないです。


しかし、個人的には、摂取しやすい夕食の後に飲むのがおすすめでした。

朝は忙しいと飲み忘れがありましたし、昼食時は仕事で持って行かない場合がありましたので・・・


また、成長ホルモンは寝ている間に分泌されるので夕食後に成長ホルモンの材料となるアミノ酸を摂取する方が良いと実感しました。


シトルリンの1日の摂取量の目安は、800mgといわれています。


シトルリンが最も多く含まれているスイカで、100g あたり、約 180mg のシトルリンが含まれています。

スイカで摂取する場合は、約 7分の1切れが、シトルリンの1日の摂取目安量 800mg に相当するようです。


しかし、スイカなどのウリ科の植物は夏のものなので、1年中、摂取することは難しいです。

そこで健康食品やサプリメントで効率よくシトルリンを摂取することが重要になります!


シトルリンのおすすめサプリメント!

協和発酵バイオ シトルリン・・・★★★★★

1日6粒目安で、シトルリン/800mg、が摂取できます。
世界トップレベルの発酵技術による医薬品レベルのシトルリン!


通販限定で通常価格 2160円のシトルリンが、今なら 700円!
さらに【送料無料】

協和発酵バイオのスーパーアミノ酸 シトルリンの詳細はこちら