トコトリエノール

MENU

トコトリエノール

トコトリエノールとは・・・

 

トコトリエノールとは実はビタミンEの一種になります。

 

ビタミンE群は、トコフェロールトコトリエノールの二種類に大きく分類されるのですが、普段からビタミンEとい呼ばれるのは、トコフェロールのことです。

 

トコトリエノールは1950年代に新しく発見されたもので、
トコフェロールの効果・効能をあわせ持ち、トコフェロールの約50倍ちかくの
強い抗酸化力をもつといわれ、『スーパービタミンE』とも呼ばれています。

 

トコトリエノールの効果は・・・

 

トコトリエノールは通常のビタミンEの約50倍という高い抗酸化力をもっているので、
活性酸素の害を予防する効果が期待されています。

 

また、トコトリエノールは、コレステロールを低下させる効果があります。

 

トコトリエノールは強い抗酸化作用をもっているので、
動脈硬化を防ぎ、ガンや心臓病、脳卒中を予防する効果があるといわれています。

 

他にも、紫外線によるメラニン形成をおさえ、シミやソバカスを予防する効果や
抗炎症効果、美白効果もあるといわれています。

 

トコトリエノールの期待される効能

 

  • コレステロール低下効果
  • 高血圧や動脈硬化を予防する効果
  • 血行を促進し、肩こりなどの軽減したり、更年期障害などの予防や改善効果

 

トコトリエノールの気になる副作用は・・・

 

トコトリエノールの副作用は、ごくまれに発疹や胃腸障害といったアレルギー症状や
過敏症があるという報告があるようですが、トコトリエノールの通常の利用では特に問題となる副作用は報告されていないようです。

 

トコトリエノールはだいたい1日あたり 、200ミリグラムを目安に
摂取する場合は過剰にならないように注意したほうがよろしいでしょう。

トコトリエノールの関連検索ワード

 

・このページを読んだ人は、

 

→ビタミンEの約1,000倍ともいわれるアスタキサンチンについて

 

も読んでいます。