トンカットアリ

MENU

トンカットアリ

トンカットアリとは・・・

 

トンカットアリとは、
インドネシアやマレーシアなどの東南アジアの
熱帯雨林に自生するニガキ科の一種で、
日本では、ナガエカサと呼ばれています。

 

トンカットアリは、
栽培することが非常に困難で、天然の薬用植物になります。

 

トンカットアリの効果について・

 

トンカットアリの根の部分は、色々な効能があるといわれ、
東南アジアでは有名な民間薬の一つとなっています。

 

また、トンカットアリは、
男性の滋養強壮剤として、古くから利用されてきました。

 

トンカットアリは
男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促進し、
男性の精力を増強したり、スタミナを増大させるといわれています。

 

そのため、トンカットアリの精力関連の有効性が認められ、
現在では天然のバイアグラとも呼ばれているようです。

 

トンカットアリの期待される効能

 

  • 滋養強壮や肉体の疲労回復の効果
  • 男性ホルモンの分泌促進による精力増強の効果
  • 血流の改善による腎臓の機能の向上

 

トンカットアリの気になる副作用は・・・

 

トンカットアリは、
東南アジアで古くから天然のハーブとして利用されてきました。

 

そのため、トンカットアリには、問題となるような
副作用などは特に報告されていないようです。

 

しかし、トンカットアリも生薬の一つとなりますので、
ごくまれに体質などによっては、合わない可能性も考えられます。
これらの場合や通院中の方は、
医師に相談の上、摂取したほうがよろしいでしょう。

トンカットアリの関連検索ワード